家庭用脱毛機の選び方を詳しく紹介!

家庭用脱毛機の選び方は?永久脱毛はできる?

自宅で手軽に脱毛ができるとして仕事や育児で忙しい人に人気なのが家庭用脱毛機です。
脱毛サロンへ通うよりも家庭用脱毛機を購入する方が安いですが、本当に脱毛効果は
あるのでしょうか?

また家庭用脱毛機を買ってみようかな?と検討している人達からの質問で多いのは、永久脱毛が
できるのかということ。脱毛に通わなくても自宅で永久脱毛ができるなら家庭用脱毛機を買わない理由はないですよね。

そこで気になる家庭用脱毛機について詳しく調べてみました。

まず家庭用脱毛機の種類について知ろう

家庭用脱毛機には主流となっている物が3種類あります。

種類 価格 痛み 期間
フラッシュ 100,000円前後 少ない 約1年
レーザー 50,000円前後 我慢可能な痛み 3~6カ月
バルジ 200,000前後 ほとんどない 個人差あり

家庭用脱毛機では全身の脱毛がしたい人はフラッシュ式、部分脱毛を考えているならレーザー式、痛みに弱いならバルジ式がおすすめです。

フラッシュ式の家庭用脱毛機

比較的安い家庭用脱毛機で簡単に脱毛がしたい人はフラッシュ式の家庭用脱毛機がおすすめです。
脱毛サロンのようにIPL方式で光を照射して毛根にダメージを与え脱毛します。
レーザーやバルジよりもフラッシュ式は照射口が広いことが特徴で、1ショットで広い範囲の脱毛ができるため全身脱毛にはピッタリです。
約1年ほどで自己処理の必要がなくなると言われているフラッシュ式の家庭用脱毛機は出力は低く素早い効果はありませんが、肌への負担は軽く2~3週間に1回の照射で効果が出ます。

レーザー式の家庭用脱毛機

部分脱毛を素早く行いたい時はレーザー式の家庭用脱毛機がおすすめです。
脱毛サロンのレーザー式脱毛と仕組みは同じです。
黒い色素のメラニンにレーザーが反応して光が熱に変わります。
熱によって毛根にダメージを与え脱毛するという方法です。

レーザー式の家庭用脱毛機は照射口が狭いので部分脱毛にピッタリです。
他の家庭用脱毛機と比べても出力が強く最も効果が高いのがレーザー式の家庭用脱毛機です。

2週間に1度の照射が平均的で3ヵ月前後で脱毛効果がハッキリ実感できるようです。
でも広い範囲の脱毛にはもっと時間がかかります。

バルジ式の家庭用脱毛機

とにかく脱毛をする時に肌を傷つけたくないという人におすすめな家庭用脱毛機がバルジ式の物
です。高額なのがネックですが、ムダ毛の種を作るバルジ領域を破壊する方法で脱毛をするので
普通の脱毛より小さい力で肌に負担を与えずに脱毛ができます。

ただあまり家庭用脱毛機としては使われていないようです。
バルジ式の家庭用脱毛機はトラブルが起きないようにかなり出力が弱くしてあるため効果が出ないという人が多いことが理由です。
バルジ式での脱毛が希望なら家庭用脱毛機よりも脱毛サロンへ通う方が効果は確実のようです。

結果、家庭用脱毛機としておすすめなのは、

1位:フラッシュ
2位:レーザー
3位:バルジ

となります。全身ならフラッシュ、部分ならレーザーと覚えておきましょう。

家庭用脱毛機の正しい選び方

家庭用脱毛機を選ぶ時に失敗しない正しい選び方とポイントを説明します。
口コミや評価がいいからというだけで家庭用脱毛機を決めてしまうと思わぬ結果になることも
あります。家庭用脱毛機を選ぶ時に確認しておくべきことをまとめてみました。

① 家庭用脱毛機の使いやすさ
・ハンドピースが重たくない
・照射面積が脱毛したい部位に合っている
・騒音レベル
・連続照射機能の有無
・最大出力
② コスパの良さ
・本体価格の割引率
・カートリッジの価格
・ランニングコスト
・通販の場合は送料や手数料
③ 希望の脱毛
・顔に使える
・VIO脱毛ができる
・美顔器にもなる
・家族と共用する時は男性のヒゲにも使えるか

家庭用脱毛機を初めて買う人の多くがしてしまう失敗は、本体価格を比べて家庭用脱毛機を選んだことで後々後悔するというパターンです。
カートリッジが高くて他の家庭用脱毛機より結局高くなることもあるんです。
家庭用脱毛機を選ぶ時は、使いやすさやコスパの良さ・使える部位を見て希望の脱毛ができるか
どうかをしっかりチェック
して下さい。

家庭用脱毛機にもメリット・デメリットがある

脱毛サロンや脱毛クリニックにわざわざ通わなくても、自宅で簡単に脱毛ができる家庭用脱毛機はセルフ脱毛派の人達からは重宝されています。
でももちろんメリットだけではなく、デメリットもありますよ!

家庭用脱毛機のメリット
・ 脱毛する場所や時間、日にちを自分で自由に選択できる
・ 脱毛にかける時間や通う時間を省くことができる
・ 出力の調整ができるので痛みを減らすことができる
・ VIO脱毛でも他人に見られないで脱毛ができる
・ 1台あれば家族と共用できる
家庭用脱毛機のデメリット
・ 本体を購入してもその後のランニングコストがかかる
・ 海外の家庭用脱毛機は日本人の肌には刺激が強い場合がある
・ 脱毛効果が商品によるので事前のリサーチが重要
・ 手が届かない部位の脱毛が自分でできない
・ ヤケドなど肌にトラブルが起きても自己責任

メリットを見ると家庭用脱毛機は魅力的です。
でも使いにくい家庭用脱毛機を買ってしまったり、海外製の外国の人の肌に合わせて作られた
家庭用脱毛機で肌トラブルが起こったりするリスクもあるということは知っておかなければ
いけません。

家庭用脱毛機で永久脱毛派できるの?

そもそも永久脱毛の定義は何だと思いますか?実は日本では永久脱毛の定義はないんです。
でもアメリカには永久脱毛の定義があります。

FDA(食品医療品局)が制定した永久脱毛の定義
3回照射して半年後にムダ毛が67%減毛している状態のこと

照射の後にムダ毛が生えてこない状態のことを永久脱毛というわけじゃないようです。
ではこの永久脱毛の定義が家庭用脱毛機に当てはまるかどうか?
答えは【No】です。家庭用脱毛機に限らずこれは脱毛サロンでも同じことが言えます。
なぜなら永久脱毛ができるのは脱毛クリニックの医療用脱毛レーザーか、電気針で脱毛をする
絶縁針脱毛だけだからです。

医療用のレーザー:光が毛乳頭まで届く
家庭用脱毛機の光:光が毛乳頭まで届かない

法律でも毛乳頭まで届くレーザーが使えるのは、医療機関だけです。
よって脱毛サロンでも家庭用脱毛機でも永久脱毛をすることはできません。
ただ家庭用脱毛機を繰り返し使っていることで、医療用のレーザーのようにきれいに永久脱毛が
できなくともそれに似た効果はある
と言われています。

家庭用脱毛機の人気5種を比較

それでは売れている家庭用脱毛機の上位5機種を比べてみます。
まずは1ショットあたりの価格を比べてみました。コスパの高さが分かります。

家庭用脱毛機 ショット回数 1ショットの値段
ケノン 約100万回 0.06円
トリア 約30万回 0.18円
シルクエキスパート 約30万回 0.15~0.21円
ツーピーエス 約13万回 0.34円
光エステ 約10~15万回 0.35~0.37円

家庭用脱毛機の中でもショット回数はケノンがダントツで多いです。
これは購入したらついているプレミアムカートリッジです。
出力を最大にして使っても30万回くらいは使えるのでコスパが高いのはケノンということです。
次は照射範囲の広さを比べてみましょう。

家庭用脱毛機 照射口の大きさ 照射範囲
ケノン 2.0×3.5 7c㎡
トリア 直径1cm 0.785c㎡
シルクエキスパート 1.0×3.0 3c㎡
ツーピーエス 3.1×2.1 6.51c㎡
光エステ 記載なし 5.4c㎡

やっぱり照射範囲もケノンがトップですが、ツーピーエスと大きな差はないですね。
ケノンのエクストララージというカートリッジを別売りで購入すれば、9.25c㎡の範囲で照射ができるので広い範囲におすすめです。
コスパが良い家庭用脱毛機は結局どれなのでしょうか?

1位:ケノン
脱毛ができる総面積が約700c㎡のケノンがダントツでコスパが良いです。
1円で100.28c㎡の範囲の脱毛ができます。

2位:光エステ
脱毛ができる総面積が約54万~80万c㎡で1円で
14.47~15.24c㎡の脱毛ができます。

3位:シルクエキスパート
脱毛できる総面積が約90万c㎡で1円で13~19c㎡の範囲の脱毛ができます。

4位:ツーピーエス
脱毛できる総面積が85万c㎡で1円で約12c㎡の範囲の脱毛ができます。

5位:トリア
脱毛できる総面積が約23万c㎡で1円で約4c㎡の範囲の脱毛ができます。

たくさんある家庭用脱毛機の中でもやっぱり人気の高いケノンが総合的に見ておすすめできます。
では最後にそれぞれの家庭用脱毛機の生産国と痛みに対応するための照射レベルについてまとめておきます。

家庭用脱毛機 生産国 照射レベル
ケノン 日本 10段階
トリア タイ 5段階
シルクエキスパート イギリス 肌の色で自動調整
ツーピーエス 韓国 8段階
光エステ 日本 5段階

家庭用脱毛機を選ぶ時はじっくり色々な面を比べてから、最終判断をしましょう。
できればお肌のためにも日本製の家庭用脱毛機を選んで欲しいと思います。

男のヒゲやVIOにも家庭用脱毛機は使える?

家庭用脱毛機と聞くと女性が使う物というイメージがあって、男性の濃い太いムダ毛には効果が
出にくいのでは?と思われがちです。でも大丈夫!
家庭用脱毛機もどんどん進化して今では男性のムダ毛にもしっかり対応できるほどのパワーを
持っているのです。
男性に人気のある家庭用脱毛機をヒゲやVIOに使った口コミをまとめてみました。

家庭用脱毛機 痛み 効果
ケノン ほぼない 高い
トリア 痛い 高い
ソイエ 強い痛み 普通

ケノンが痛みがほとんどないのに対してトリアは照射時の痛み、ソイエは引き抜く痛みがあるとの口コミが多かったです。では男性に人気の家庭用脱毛機の特徴をまとめてみます。

ケノン
・ スマホくらいの大きさで重さは120g
・ カートリッジは7,000円から10,000円
・ プレミアムカートリッジなら交換が必要ない
トリア
・ 古い電話の受話器より少し大きいくらいで重さは580g
・ 使用頻度により2~4年でバッテリーが悪くなる
・ バッテリー交換が難しいため本体ごと新調するので2万程かかる
ソイエ
・ スマホくらいの大きさで170gとコンパクト
・ カートリッジなどがなくランニングコスト0
・ アタッチメントが欲しいなら購入分の料金が必要

以上のことをふまえて男性が使う家庭用脱毛機としてもケノンがおすすめであることが
分かりました。

ケノンのメリット
◇ 痛みがほとんどない
◇ 重くなくて使いやすい
◇ 男性でも脱毛効果が高いと実証されている
◇ 照射範囲が広いので効率よく脱毛できる

男性も家庭用脱毛機を使うならケノンを選んで、女性にモテる清潔感のあるいい男に
なりましょう!

家庭用脱毛機人気No.1のケノン

女性にも男性にもおすすめできる家庭用脱毛機がケノンです。
ではケノンはどこで購入するのが安くてお得なのでしょうか?

① ケノン公式サイト:69,800円

・100万発のプレミアムカートリッジ付き
・美顔スキン付き
・レビューを書けば10日程で協力ショットプレゼント
・送料や代引き手数料は無料
・分割払いなら月々3,000円から
・3年保証が有料でつけられる
・発送が素早い

② 楽天:69,800円

・100万発のプレミアムカートリッジ付き
・美顔スキン付き
・レビューを書けば10日程で協力ショットプレゼント
・送料や代引き手数料は無料
・分割払いなら月々3,000円から
・3年保証が有料でつけられる

③ amazon:69,800円

・送料が無料

④ メルカリなどの中古品:3万~6万

・特典はない
・送料がかかることが多い

家庭用脱毛機のケノンは楽天やamazonでも販売されていましたが、楽天やamazonを仲介するため販売している会社から直接購入するのとはちがうので不安要素があります。
価格も公式サイトと楽天やamazonでは変わらないので、安心して買い物ができる公式サイトで
購入するのが賢いでしょう。

またケノンは店頭販売はありません。エムロックが販売できると決まっている家庭用脱毛機
なので、楽天でもamazonでも販売しているのはエムロックです。
家庭用脱毛機「ケノン」の購入は公式サイトで決まりです。

賢く家庭用脱毛機を選んで手軽に脱毛をしよう

家庭用脱毛機についてご紹介しました。男性でも女性でもおすすめできるのはケノン!
肌に優しく痛みもほとんどないのに確かな脱毛効果がある家庭用脱毛機です。
1ショットあたりの価格も安くコスパに優れたケノンなら家族で使っても長く愛用できますね。

ムダ毛は薄着になる季節だけ処理をしていればいいという訳ではありません。
1年中ムダ毛のないきれいな肌をキープするのが本当の美しさです。

家庭用脱毛機なら人に会わなくて済む、人に見せなくて済む、通う時間を省けるなどのメリットがたくさん。自分にピッタリの家庭用脱毛機を探してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です